気候シナリオ分析

アバディーン では各気候シナリオが運用収益に与える影響を予想する独自の気候シナリオ分析ツールを開発しています。

気候シナリオの分析は、気候変動問題を主軸におくアセット・マネージャーにとり必要不可欠な取り組み

投資家にとって、物理的な気候変動とエネルギー転換が投資先の企業や市場の投資収益にどのような影響をもたらすかを理解することは極めて重要です。アバディーンでは、それらの影響を理解することで、お客様にとってより耐性の高いポートフォリオを構築することができ、長期的なリターンの向上につながると考えています。また、アセットオーナーや規制当局からの同分野に対する要請が一段と強まっていることも事実です。アバディーンの気候シナリオ・フレームワークでは、3つのポイントにフォーカスすることで他社との差別化を図り、同時に、その結果をアバディーンの事業戦略自体にも取り入れています。

アバディーンの白書(簡易版)をみる

気候変動による投資リスクと機会を検証する綿密なフレームワーク

気候シナリオ分析はアバディーンが提供する『気候変動アクションシリーズ』第2弾の焦点となっており、abrdn Research Instituteのチーフ・エコノミストであるジェレミー・ローソンが、最新の気候変動シナリオ分析のフレームワークに関する議論をリードします。このパネル・ディスカッションでは、気候変動に関連した投資リスクと投資機会の策定に、このフレームワークがどのように応用できるかに焦点をあてています。アバディーンでは、低炭素社会実現を目指すポートフォリオの構築とベンチマークの達成は両立できると考えています。アバディーンの検証では、私たちの気候変動戦略ポートフォリオはほとんどの地域とシナリオにおいてベンチマーク水準もしくはそれ以上のパフォーマンスが実現可能となっています。