アクティブ株式

アバディーンではファンダメンタル調査に基づく深い見識と卓越した運用プロセス、そしてESGの考慮が長期に優れた運用成果をもたらす根幹であると信じています。

  • ローカルな知見に基づくグローバルな視点

    世界中の120名以上の株式の専門家が、株式投資にかかわるグローバルな視点を現地調査に基づく知見も加味し、お客様にご提案いたします。この独自の見解に基づく視点により、アバディーンではより包括的な投資判断を行うことが可能となり、また世界中のお客様の様々な運用目標を達成するための、優れた運用戦略策定に役立ちます。

  • ESG基準の考慮

    環境、社会、ガバナンス(ESG)基準を考慮し、企業と積極的にエンゲージメントを実施することは、アバディーンの株式運用に不可欠なプロセスであり、哲学です。企業とのエンゲージメントを通じ企業経営の改善を促すことは、投資家のみならず、社会全体により良い影響を与えます。

  • 運用効果の分散

    投資家のニーズにお応えするため、私たちはチーム運用に基づく調査および銘柄選択にこだわります。今日、投資家の運用目的はインカム、グロース、サステナブル投資など多岐に渡りますが、アバディーンのグローバルな経験と抱負な人材で、お客様の幅広いニーズに応えます。

アバディーンの戦略

株式投資におけるアバディーンのESGへの取り組み

私たちはESGの要素がポジティブにも、時にはネガティブな意味でも企業の財務や業績に重要な影響を及ぼすと考えています。財務諸表とともにESGの観点から投資リスクや機会を分析することは、アバディーンが考える重要な調査プロセスのひとつです。

アバディーンは投資先の企業と積極的にエンゲージメントを実施します。私たちは企業とのミーティングで得た見解を運用担当者、株式チームのESGアナリスト、運用部門のESG選任チームと共有します。こうした包括的なアプローチにより、個々の企業の比較や、横断的でより深い見解を得ることが可能となります。

こうしたアプローチは、お預かりしているお客様のご資産を運用するうえで、リスクを軽減し、投資機会を的確にとらえ、長期のリターンを得るため重要となる運用者としての責任の一環です。